フリーターの日常と限界

フリーターの日常と限界

20歳フリーターの何も起こらない日常と楽しみな将来を書き綴っていくつもりなブログtsumenikomiudon

歯医者に通っても可愛くなれないしな

私は幼稚園の時から虫歯があった

これはしっかり歯磨き指導をしてくれない親のせいだと思っている。兄も小学生のころよく虫歯があって一緒に治療しに行っていた

 

その頃から歯医者は嫌いで特にゴムマスク(歯医者 ゴムマスクで調べてください)という物があってそれは口に金具を付けられその上口内をゴムで覆われ呼吸困難に陥れようとする拷問のような治療法がある

加えて嘔吐反射という奥歯を磨こうとするおえっぅってなるやつ、よくおじさんがなってるやつ。私はその症状が酷く奥歯の治療やゴムマスクのときは毎回吐きそうになっていた。てか一度だけ吐いたことがある。

銀歯を作る治療のとき、生暖かい歯磨き粉を凝縮して固体に近づけたような何かを大量に口の中に突っ込まれて押し付けられるのだが、その生暖かい何かを押し付けられた瞬間気持ち悪くて吐いてしまった。本当にその時の歯科医師さんたちには申し訳なかったと今でも思う

 

ところで私は2ヶ月程前から左下の奥歯が痛い

2ヶ月もほっておいたのは何度も通うのが面倒で治療怖いし、また吐いたらどうしようとか、それにお金もなかったので我慢していたが遂に行くことを決意した

 

そういえば歯医者の治療中おっぱいが当たってしまう、なんて都市伝説が出回っているが歯医者通いのスペシャリストである私からするとそんなこと一度もない。あるわけない。

 

ただもしかしたら当たっちゃうんじゃないかなー、と思い半分の期待と半分の恐怖心を持ちながら歯医者に向かう

受付を済ませ久しぶりの歯医者ということだったので歯石取り掃除をすることに

歯石取りは大体歯科助手がやってくれるのだがその助手は少し膨よかなお身体をしていて、話し方から大阪のおばちゃん丸出しで、マスク美人助手のおっぱいがあたるんじゃないかと期待していた自分が馬鹿だったと反省する

 

歯石取りがおわって先生に奥歯の状況を見てもらうと

「上の親知らずが生えてきて噛んだ時に歯肉を傷つけてるんでちょっとだけ削りましょうか」

 

え…虫歯じゃないんですか……?

 

この2ヶ月ご飯を食べるたび痛い思いをしてきたのに治療時間5分もかからずあっさりと終わる

20年生きてきて散々虫歯が出来て放置したりして何度も痛さを経験したスペシャリストの私が虫歯じゃ無いのを見抜けないはずがない。絶対この奥歯虫歯だわヤブ医者め、と思い治療後思いっきり噛みしめてみるが全く痛く無い。

 

杞憂of杞憂

この2ヶ月右側中心に顎を使っていたので顔も若干歪んだかもしれない。なんだこれと思いながら家に帰る

 

 

 


メランコリック写楽-歯医者に通っても

 

親知らずが歯肉を攻撃し始めた時期にメランコリック写楽を知ったんですけどもう既に解散してました悲しい