フリーターの日常と限界

フリーターの日常と限界

20歳フリーターの何も起こらない日常と楽しみな将来を書き綴っていくつもりなブログtsumenikomiudon

さあ、あなたも博愛主義

世界の皆様、御機嫌よう


今の冷笑主義シニシズムはあと4年ほどで終わりを迎えるという持論を唱えます


2021年に任期を終えトランプ大統領の政治体制が終わる

厳しい政治からの反動から全国民平等的政治が始まる

2022年頃日本にもその余波がくる、シニシズムに疲弊した国民は幸せを求める

博愛主義国家の誕生

 

私は4年先を行く新しい男です、皆がリオオリンピックの閉会式で東京を見据えてるなか、次の次のオリンピックを見据えてる男、そういう男です

 

皆さんはパンドラの箱という物語をご存じだろうか?開けてはならぬ箱を開けてしまいあらゆる不幸が降りかかってしまうが、その箱の隅には希望と書かれた石が入っている

というお話である

不幸の次は必ず幸せであり、やまない雨は無い、もちろん逆もまたしかり

第二次世界大戦後からバブル時代に移り華やかな毎日が一転、リーマンショックでまた世界が氷河期のように冷たい世の中に戻ってしまう

 

そして2022年から第二のバブル世代が始まるのであります

太宰治 パンドラの匣

 

そして博愛主義の素晴らしさを皆さんにお伝えしたいいと思います

一つ、ベジタリアンを超越した雑食タリアンになる 

ベジタリアンは動物の命を殺してはならないが植物ならいいという何とも身勝手な考えを持っています


植物も花を咲かし、枯れ、丁寧に育てたものには果実が実る

ベジタリアンの身勝手な考え超越し上を行く、あらゆるものを愛すという考えのもとに、全てに感謝して命を頂くという仏的考え
ベジタリアン乙ってかんじ

 
一つ、不倫が無くなる

皆を平等に愛するので皆と性行為をする、不倫という考えがなくなり性行為し放題

一人だけを愛するというのは人間にとって少し無理があります

友達に順位を付けるのですか?いいえ、友達は皆友達なのです

 

国民は皆、家族なのです

一つ、ストレスがなくなる


極一部の博愛主義をよく思わない人間が暴力事件などという乱暴な行為を犯しても、人を愛することによって相手を慮る心、そういう気持ちもわかるよ、という全てを包み込む聖母マリア的観点を持つことができます

今の世の中にはネットで誹謗中が溢れかえっています、しかし咎めることせず、それが楽しければそうした方がいい、君の自由にすべきだ と言いましょう

そして人は過ちに気付くのです、思想の押し付けではなく思想の理解が重要なのです

時がそれを解決してくれるでしょう

 

相手を思いやる気持ち、困っている人を救済するのは博愛主義者なのです

 

 

この道は、どこへつづいているのか。それは、伸びて行く植物のつるに聞いたほうがよい。蔓は答えるだろう。
「私はなんにも知りません。しかし、伸びて行く方向にが当るようです。」
 さようなら。

太宰治 「パンドラの匣」より

 

皆を愛し、愛そう
Love is Peace

 

博愛の党 代表
tsumenikomiudon